M2Mソリューションのキャセイ・トライテック

LTE Cat4通信モジュール搭載ボード

(NTT DoCoMo /KDDI(au) /Softbank LTE 通信網対応)
SIM7600JC-H-B30B
LTE B to B30
技術基準適合証明(技適マーク)取得済み
NTTドコモ 相互接続性試験(IOT) 実施済み製品
   → NTTドコモ様サイト: こちらから"SIM7600JC-H"をご確認ください。
KDDI(au) 相互接続性試験(IOT)実施済み製品
   → KDDI様サイト: こちらから"SIM7600JC-H"をご確認ください。
ソフトバンク ネットワーク対応製品
   → ソフトバンク様サイト:こちらから"SIM7600JC-H"をご確認ください。

 

■ 概要 

本製品はSIMCom LTE通信モジュールSIM7600JC-HとMIMOアンテナを搭載したブレークアウトボードです。
B2B-30ピン外部インターフェースとUSB2.0端子を搭載し、GPIOやUARTなど豊富な信号入出力及び外付けLEDを駆動/制御が可能です。
SIM7600JC-HはOpen Linuxを内蔵しており、アプリ組込によるエッジAI動作も実現可能です。また国内主要3キャリアの相互接続性認証を取得済みで、さらにMVNO対応により様々な通信サービスをご利用可能です。

 

■ 製品の特徴

1)メイン/サブLTEアンテナを標準搭載。
2)USB2.0ホスト機能をサポート。
3)ボード To ボード コネクタで様々な基板と接続可能。
4)GNSS(QZSS/GPS/GLONASS等)の全地球測位システムによる測位機能を搭載、A-GPS機能もサポート。
5)GPIOとUARTインターフェースを持ち、端末の状態監視と通信制御が遠隔操作で可能。
6)搭載モジュールはNTT docomo/KDDI/Softbankの国内主要3キャリアの相互接続性認証を取得済み、 VoLTE (LTE音声通話)にも対応しており、外部コーデック接続により音声通話(含緊急電話)も実現可能。

 

■ 製品仕様 
項 目 SIM7600JC-H SIM7600JC-H-B30B
形態 モジュール ボード
対応回線 NTT DoCoMo/ KDDI(au)/Softbank
対応周波数(FDD-LTE) B1(2100MHz)/B3(1800MHz)/B8(900MHz)/B26(800MHz,B18/19)
通信速度(FDD/TDD-LTE) 上り最大 50Mbps/下り最大 150Mbps
測位方式 A-GPS(MS-based / MS-Assisted), GPS(Standalone)
制御コマンド ATコマンド
通信方式 パケット通信
対応ドライバ Windows2000/XP/Vista/7/8/10/CE/Mobile/Linux/Android/MAC
対応可能機能 FTP, FTPS, HTTP, HTTPS, SMTP, POP3, DN
対応可能プロトコル TCP/IP, IPv4/v6, Multi-PDP, MT PDP, MQTT
シグナル インターフェース UART, GPIO, PCM, USB, SDC, SPI, HSIC UART, GPIO, USB, Audio, LED
アンテナ LTE - (MAIN)SMAコネクタ x1
(AUX)パターンアンテナ x 1
GNSS - U.FL x 1
SIMスロット - Micro-SIM x 1
動作環境 温度 -30~80℃ -10~60℃
湿度 5%~80% (結露なきこと) 25%~80% (結露なきこと)
保存環境 温度 -40~85℃ -30~85℃
湿度 5%~85% (結露なきこと) 20%~85% (結露なきこと)
電源電圧 DC 3.8V (DC 3.4~4.2V) B2B-30コネクタ:DC3.25V-5.25V
or
USBコネクタ:DC4.75V-5.25V
サイズ 30(H)×30(W)×2.9(D)mm 53.5(H)×51.5(W)×12.5(D)mm
重量 5.7g  19g 
・記載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
・記載されているデータ通信速度は理論上の最高値です。実際のご利用時のデータ通信速度は、電波環境等の要因により変動します。

 

■ 顧客サポート・開発支援

お客様のご要望に応じて、組み込みソフト、ハードウェアの開発から
サーバーシステム構築まで、ワンストップでのトータルサポートが提供できます。

 

データシート ダウンロード>>